> 漆芸(漆工)

漆芸(漆工)

金梨地菊山水蒔絵硯箱

金梨地菊山水蒔絵硯箱

我が国の漆芸は数千年の歴史を有し、その技法は数多の工人等の努力により高度に発達し、またその意匠は独自のゆるぎない美へと深化を遂げました。今なお国内外での美術的評価は非常に高く、まさに我が国が世界に誇る伝統工芸といえるでしょう。

漆芸の歴史

我が国の漆文化の起源は、1979年の福井県鳥浜貝塚の調査、2000年の北海道垣ノ島B遺跡の調査などから、今から5000年〜9000年前を遡ると考えられています。数千年の時を経て、その技術は数多の工人達の努力により高度に発達し、またその意匠は我が国独自の美として深化してきました。

飛鳥時代の赤漆文欟木厨子

台付鉢形土器(縄文時代)

飛鳥時代の赤漆文欟木厨子

赤漆文欟木厨子 模造(飛鳥時代)

蒔絵

片輪車蒔絵螺鈿手箱(平安時代)

蒔絵

住之江蒔絵唐櫃(室町時代)

蒔絵

芦穂蒔絵鞍鐙(安土桃山時代)

蒔絵

舟橋蒔絵硯箱(江戸時代)

蒔絵

江之島蒔絵額(明治時代)

蒔絵

木地扇面蒔絵茶箱(大正時代)

出典:頌古会

漆芸の技法

漆 芸 種 類 技法・細工
髹漆(上塗) 花塗 溜塗 春慶塗 黒塗 朱塗 白塗など
髹漆(上塗) 蠟色塗 溜塗 木地蠟色塗 黒塗 朱塗 白塗など
髹漆(上塗) 変塗 青海波塗 津軽塗 竹塗 根来塗 布目塗 青銅塗 石地塗など    詳細を表示
地蒔 金地 銀地 錫地
地蒔 平目地 置平目 
地蒔 梨地 濃梨地 詰梨地
地蒔 刑部梨地 鹿の子梨地
蒔絵 平蒔絵 彩漆蒔絵 引掻蒔絵
蒔絵 研出蒔絵 墨絵研切蒔絵
蒔絵 高蒔絵 墨粉上高蒔絵 錆上高蒔絵
蒔絵 肉合研出蒔絵
蒔絵 木地蒔絵
蒔絵 螺鈿 金貝(平文) 極付 極込 切金 付描 描割 針描 芝山細工 杣田細工など
彫漆 堆朱 堆黒 堆黄 堆青 紅花緑葉 犀皮 鎗金(沈金) 屈輪彫 塡漆 蒟醤 存星など
乾漆 脱乾漆

青海波塗

青海波塗

蒔絵

蒔絵

螺鈿(らでん)

螺鈿

平文(ひょうもん)

平文

彫漆(ちょうしつ)

堆朱

存星・存清(ぞんせい)

存星

漆芸作家(漆工作家)記載が無い作家も鑑定可能です

※下線が引いてある作家は詳細ページがございます。

漆芸品の種類 記載が無い物品も鑑定可能です

※下線が引いてある品目は詳細ページがございます。

漆器・蒔絵・螺鈿・漆工品(漆芸品)などの公正な価値を知りたい方は、内閣府認定・公益財団法人頌古会の無料鑑定をご利用ください

美術品などの売却などをお考えの際には、美術品の価値を知る必要があります。しかし、残念ながら、その価値が常に公正に示されているとは限りません。そのような現状を正すべく、内閣府認定・公益財団法人頌古会では、美術品・古美術品・骨董品・絵画などの鑑定を無料で実施しております。愛好家の皆様の一つ一つの美術品の価値を守ることは、公益財団法人としての重要な責務であると自負しております。

当財団の鑑定業務は、それぞれの専門分野から選別された熟練の「美術評価鑑定士」により構成される「鑑定評価委員会」が担っております。鑑定実績は、内閣府、最高裁判所、財務省、外務省、防衛省、国税庁、陸上自衛隊、海上自衛隊、国会図書館、地方公共団体など多岐にわたり、鑑定や評価に対しては「明確で公正」であると各方面よりご評価を頂戴しております。 先ずは、お気軽にご連絡ください。

※出張鑑定、鑑定済証書の発行、鑑定評価書発行などは別途費用が必要となります。詳しくは下記「評価/鑑定の詳細はこちら」をご覧ください。

公益財団法人 頌古会


〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町25-4 ハリレラハウス201号室

Copyright © 公益財団法人頌古会. All rights reserved.