相談の内容について、秘密を守ってもらえますか。

当財団では、ご相談者の秘密事項については厳守いたします。
美術品の管理者であるご相談者の希望に応じて、例えご相談者のご家族またはご親族に対しても、ご相談者の秘密は厳守します。
ただし、古物営業法に抵触する内容、具体的には盗難品の疑いがある場合には、
その旨を管轄する警察署(生活防犯課)へ連絡することになります。