美術品鑑定・骨董品鑑定の頌古会TOP > 修復について

美術品修復についてのご案内

この度、公益財団法人頌古会では美術品の修復部門を開設いたしました。

私たちが所蔵している美術品はその如何を問わず大切に未来へ伝えていかなければなりません。
言い換えれば、私たちは歴史上のほんのひと時だけ美術品をお預かりしているだけとも言えるでしょう。
したがって、貴重な美術品を無事に伝世させていくことは私たちに課せられた重要な責務といえます。

しかしながら、私たちは大切な美術品を思いもよらぬことで破損させたり、
疵を付けてしまったりしたことがすくなからずあったのも事実です。
時には飾っておいただけなのに経年変化で傷むこともあったでしょう。
それでも先人たちはその都度、修復を繰り返しながら現代に伝えてくれました。
実際、数百年以上伝世された美術品を詳しく調査すると、それは修復の歴史という一面さえ見えてくるくらいです。

 

皆様方のお宅にも疵がついたり、破損している美術品はありませんか?

 
美術品骨董品の修復でお困りではないですか?
 
このような疑問をお持ちの方は、是非一度ご相談ください
 
ご所蔵の美術品の種類や種別などにもよりますが、放置したままでおかれると一層状態(症状)が悪化し、
結果として貴重な文化的財産を失ってしまう可能性もあります。
 

頌古会美術品修復部門はあらゆる状態(症状)に対応します

 
例えば茶碗を例にしますと原形を留めないものから小さなヒビがある程度までその状態(症状)は様々です。
公益財団法人頌古会では長年の豊富な経験を持つ専門職人を揃え、
個々の状態(症状)に対応しながら本来の雰囲気を損なわないように修復作業を行います。

修復対象作品

陶磁器絵画木竹工芸品漆工工芸品金属工芸品人形七宝刀剣類、その他
※一部修復不可あり

 

修復作業の受付方法と作業の流れ

 
修復作品を当財団までお持ちいただける場合
 

作品を拝見し、お客様とご相談の上、修復方法、納期、予算等を担当者がご提案申し上げます。

修復作品出張受付の場合
 

お見積もり

 

最適な方法のご提案とお見積もりを申し上げます。

 

修復工場へ送る

 

お見積もりをお客様がご了承された後、美術品の修復作業工房への移送。
※なお、この時点で動産保険が適用され、不測の事態にも可能な限り誠意を持って対応いたします。

 

修復作業

 

お客様と交わした納期とご予算内で修復作業を行います。
仮に想定外の事態が発生して納期の遅延等が予想される場合は、速やかにご連絡の上、最善の方法で対応させていただきます。

 

お客様へ移送

 

お客様ご指定の場所に納入いたします。

 

納入完了

 

お客様のご希望によって据付などもさせていただきます。
納入確認時点で修復代金を申し受けます。

 
 
 
美術品修復受付場所
〒231-0013神奈川県横浜市中区住吉町3-30 金港アートオークションビル2階
公益財団法人頌古会分室 担当:佐古
受付時間:平日10時~17時まで(土、日、祝日は休み)
電話:0120-150-117 ファックス:045-212-2562
E-mail:info@syoukokai.jp