美術品鑑定・骨董品鑑定の頌古会TOP > まずはその美術品の価値をお教えします
価値が分からないまま「買い取り」してもらうと言った判断はちょっとまってください。

当財団は、ただ買い取る為に鑑定をしておりません

当財団は、骨董品や美術品を買い取り転売するために、鑑定、買い取りを行っておりません。
骨董品や美術品が適正に扱われる事が財団の大切な目的の1つにあります。

近年、不適切に骨董品や美術品を鑑定し、その場限りで買い取り転売する業者も少なくありません。
一般的な価値が分かっていれば、そう言った問題は避けられるのではないでしょうか?

逆に言えば、価値が分からない状態で「買い取ってもらうか?」「残すか?」の判断に迫られるために
適正な判断が行えずトラブルが発生
すると言うことも多々起こっているのが現状です。

当財団は、先ず皆様の美術品の価値を鑑定(時価評価)し価値をお教えすることで
その美術品をどう取り扱うのか?換金するにはどうするのか?といったご相談に至るまでご対応いたします。

すぐに現金が必要な場合もご相談に乗ることが可能です

買い取りは行わないのですか?というご質問をお受けすることもあります
上記で少し書かせていただきましたが、価値をお教えした上で販売方法などといった
鑑定後その美術品を、「換金・売却」するのであればといったご相談も、よくさせていただいております。

費用について

費用についてはあくまでも、過去例の1つです。
お電話にてご相談の際ご回答いたしますので、下記の費用は参考程度でお考え下さい。
作業項目拘束時間概算費用
1.初期訪問 1~2名で予備調査2~3時間例)\15,000~
2.美術品の評価鑑定作業2名1日(6時間)例)\45,000~
3.評価鑑定調査表と報告書(1点1頁)作成1冊(50ページ)例)\30,000~