美術品鑑定・骨董品鑑定の頌古会TOP > 鑑定売却のアドバイス

あらゆる分野の経験豊富な専門家が鑑定、査定、評価に対応致します

 

頌古会の美術品鑑定は30年以上の実務経験を持つ評価鑑定士で構成される
評価鑑定委員会によって明確で責任ある評価鑑定が行われております。

 

美術館・税務署などの公的機関からの依頼による鑑定から、
海外での大規模なオークションでの取引経験からあらゆる分野の美術品に精通しております。

 

■大切な美術品だからこそ確かな目で鑑定・評価する事と、価値がわかった後のフォローも万全です。

 

保存状態の良くないものであれば、修復しその美術品としての価値を高めるお手伝いから保存の仕方までのアドバイス。
美術品としての価値を知り、現金化したい方! ・引越し・相続等による、あらゆる分野の処分が可能です。
相続・贈与・分配についての美術品評価証明書作成
固定資産に含まれる美術、骨董品も減損会計のご相談

 

・平成15年10月24日開催の企業会計基準委員会において『固定資産の減損に係る会計基準』 の適用指針(第15項)が承認されました。
それに基づきまして、固定資産に含まれる美術、骨董品も減損会計の対象となります。