美術品鑑定・骨董品鑑定の頌古会TOP > 美術品・骨董品等の取扱い品目について >洋画、版画

洋画

 

油絵

 

顔料を乾性油で練った油絵具を使用して描かれた絵画で、油彩画とも呼ばれます。
通常、西洋絵画のほとんどが油絵と言えるほど、洋画では一般的なものです。

 

版画(リトグラフ)

 

印刷を行なう紙の他に、彫刻などをした版を作り、
インクの転写・透写等によって複数枚の絵画を製作する技法、またはそれにより製作された絵画です。
リトグラフとは石版画のことです。ギリシャ語で「石」は「リト」、「図版」は「グラフ」であることに由来しています。
水と油は反発しあう性質を利用して、大理石などで作った石版に油性の筆記具で絵を描き、
アラビアゴムを塗って版になじませ、親油性と親水性の部分を作り、
プリントインクを塗って、紙を当て、圧をかけて刷ったものです。