美術品鑑定・骨董品鑑定の頌古会TOP > 美術品・骨董品等の取扱い品目について >日本画

日本画

 

掛け軸

 

書や日本画を、床の間などに掛けて鑑賞するために、書画を裂(きれ)や紙で表装して軸に巻き、
床の間・壁面に掛けるよう仕立てた装飾品です。掛物などとも呼ばれています。
お客様や行事、四季折々に合わせた掛け軸を飾り、室内を華やかに演出します。
連作となる複数の書画を同じ表装で仕立てたものを「対幅」(ついふく)と呼びます。
対幅には双幅、三幅対、四幅対、十二幅対などがあります。
表装の様式は、日本で独自に考案された大和表具が最も一般的です。
他には、中国から伝わったままの様式の文人用具などがあり、主に画や文人画や漢詩などに用いられています。

 

屏風

 

風を屏(ふせ)ぐという意味を持ち、古来より、室内に立てて風や視線をさえぎったり、
仕切りや装飾に用いたりする家具とされてきたものです。
長方形の木の枠に紙・絹を張ったものを数枚つなぎ合わせ、折り畳めるようにしてあります。
多くは表面を絵や書で飾っています。

 

巻物

 

折本や冊子形態の書物が現れる以前の図書装丁で、巻子本(かんすぼん)とも呼ばれています。
紙や布を横に長くつなげたものの片端に軸をつけて巻き、携帯や保存をする書物です。
記録媒体や写経、物語に絵をつけた絵巻物として利用されていました。

 

画帳

 

帳面に古筆や絵画などさまざまな作品を張り込んだもの、あるいは直接描いたものです。
一枚一枚の表面(印刷面)を中折にして重ね、それぞれの両端を糊付けしてまとめたものです。
片面画帖、両面画帖、手鑑画帖があり、絵を見開き一面にして鑑賞するのに適した作りなのが特徴です。

 

 

木や板で作ったものに絵や書を彫り込んだり、描いたりしたものです。

 

色紙

 

写経や歌や画などが描かれた色染め紙です。