美術品鑑定・骨董品鑑定の頌古会TOP > 公益財団法人頌古会の特徴について。
公益財団法人頌古会の特徴について。

古美術相談所 概要」のページにも記載していますが、
ここでは仕事の形態と当財団の人脈とを軸に、当財団の特徴を説明したいと思います。

仕事の形態

当財団のような相談請負業務を専門に行っているところは、日本中を探してもほとんどないのではないでしょうか。
店構えを大きく取らないなど経費を最小限に抑えることで、その分をご相談者へ還元するように心がけています。

多彩な人脈

古美術の世界というものは分野が非常に広く深いものです。
すべての分野に精通している美術商はひとりもいません。
どこの業界にも言えることですが、古美術商にとっても人脈こそが最も重要な要素だと思います。
そして、品物が一流品であればあるほど人脈の重要度が増すと言えます。

当財団の相談員は、直接的または間接的にさまざまな機関や個人に人脈があります。
例えば、文化庁や東京国立博物館をはじめとする全国の美術館との取引関係や展覧会の際の協力関係があり、
それらの館長や学芸員などの関係者とのコネクションも豊富です。

また、質の高い多くのコレクターはもちろんのこと、美術関係者との人脈についても、とても豊富であると思います。