美術品鑑定・骨董品鑑定の頌古会TOP > 古美術を高く売る方法
古美術を高く売る方法

お茶道具、書画、骨董品などの古美術品を売却するには、さまざまな方法があります。
美術品の質や量などに応じて、最も適切な売却方法がどれであるかは異なります。

つまり、売却方法にはそれぞれ一長一短があるということです。
売却する美術品に関する見識や知識がなければ、最善の方法を選択することは出来ません。

「高く売る」という意味

「高く売る」という意味は、「その品物の価値に相応した金額で売る」ということです。
例えば、100万円の価値の物を1,000万円で売るという意味ではありません。
それを可能にするには、どこかに偽りのようなことがなければ難しいと思います。

売却方法

その美術品の価値に相応した金額で売るという意味においては、高く売るということはそれほど難しいことではないと思います。
方法はただひとつ、高く買ってくれる人を見つけさえすれば良いのです。
ただし、そういう人を見つけることが、少々難しい場合があるのです。

「高く買ってくれる人」とは

高く買ってくれる人とは、必ずしもコレクターだけではありません。
美術商、美術館、文化庁など、さまざまです。
もちろん、時間のかけ方によって、より高く買ってくれる人を見つける可能性が高くなったり、逆に低くなったりします。
何事もそうかも知れませんが、「タイミング」と「縁」、そして最後には「勘」と「度胸」も必要でしょう。

専門家に探させよう

上記状況を考えていただければお分かりになるように、一般の人が高く物を売りたいと考えた場合、
売却先を自分で探すより、専門家の意見を聞きそして賢く利用して、高く買ってくれる人を探させるのが最も的確で、
有効な手段であることがお分かりいただけると思います。

当財団では、ご相談者の意向を十分に考慮しながら、長年の知識と経験を生かし、最適なルートを考えます。

適切な時期

古美術の業界にも流行があります。 同じ品物でも比較的に高い時期と安い時期があるということです。
今すぐにではないが、いずれ売却を予定されている場合でも事前に拝見させていただいていれば、
最適な売却時期をお知らせすることも可能です。